鳥取

るろうに剣心のロケ地「仁風閣」に行ってきた!

zinpuukaku6

こんにちは。鳥取もん(@tottorimon)です。

皆さんは「仁風閣」という建物をご存知でしょうか?
この建物は鳥取にある洋風の建物で、映画「るろうに剣心」のロケ地にもなっている場所です。

僕はかなり昔に行ったことがある(と親から聞いている)のですが、全然記憶になかったのでこの度再び行ってみました。

スポンサーリンク

 

鳥取駅から車で向かう

鳥取は車が無いとめちゃくちゃ不便です。
ということで、地元の友達に車で案内してもらいました。
(この場を借りてお礼を言っておきます。ありがとう!笑)

鳥取駅から仁風閣までは割と近くて、10~20分くらいで着きました。
徒歩だと30分だそうです(笑)

 

▼仁風閣の周辺地図はこんな感じ!

zinpuukaku1

 

仁風閣に到着!

特に渋滞も何も無く到着。
この辺りは流石と言わざるを得ないです(もちろんいい意味で)。

駐車場も近くに見つかったので、歩いて仁風閣に向かいます。

 

すると途中でこんな石碑を発見。

zinpuukaku2

昔歌ったことのある「ふるさと」の石碑がありました。懐かしい。
調べてみると、「故郷 (ふるさと)」を作曲した岡野貞一さんが鳥取出身みたいです。

人口が一番少ない県にこんなすごい人が居たなんて知りませんでした。

 

ちなみにここでは色々なバージョンの「ふるさと」を聞くことができます。
(EXILEのATSUSHIバージョンとかめっちゃ気になる)

zinpuukaku3

 

そんなこんなでメインの仁風閣に到着!

▼門は何となく雰囲気あります

zinpuukaku4

 

▼そして門を通ると仁風閣が!!

zinpuukaku5

 

自分
これが「るろうに剣心の」ロケ地かぁ

 

中に入ってみる

とりあえず中に入ってみます。

とその前に、今更ですが仁風閣について紹介しておきます。

仁風閣(じんぷうかく)は、鳥取県鳥取市にあるフレンチルネッサンス様式の西洋館。中国地方屈指の明治建築として名高く、1973年6月2日には国の重要文化財に指定されている。
1907年、当時の皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の山陰行啓時の宿泊施設として鳥取城跡の扇御殿跡に建てられた、旧鳥取藩主池田仲博侯爵の別邸である。「仁風閣」の館名は、この行啓に随行した元帥海軍大将東郷平八郎が命したもの。他の文化人等(作家や歌人など)の所蔵資料が、展示されていることもある。

参考:仁風閣

 

館内の撮影は「展示されている資料を細かく撮るのはNG」ということだったので、部屋の雰囲気を何となく写すことにしました。
「っぽい」感じが伝われば嬉しいです。

 

▼「っぽい」感じの写真その1

zinpuukaku7

 

▼「っぽい」感じの写真その2

zinpuukaku10

 

▼「っぽい」感じの写真その3

zinpuukaku11

 

まさに洋館といった感じです。
肝試しとかやったらちょっと怖そう。

 

螺旋階段

館内をまわっている途中、螺旋階段がありました。
この螺旋階段は支柱がないらしく、全国的にも珍しいそうです。

支柱が無いとか、高所恐怖症にとっては恐怖でしかないですよ。マジで。
まぁ支柱があっても怖いですけど。

この螺旋階段から2階へは「残念ながら」上れなかったので、他の階段から2階へ向かいました。

zinpuukaku8

 

るろうに剣心のロケ風景

2階に上がると、仁風閣でのロケ風景の写真がありました。

仁風閣は映画「るろうに剣心」の1作目で、武田観柳の屋敷として使われていたので見覚えのある人も多いはず。
剣心が庭で暴れるシーンの撮影もここで行われていたようです。

 

▼ロケ風景の写真(近くで撮るのはNGなのでちょっと遠くから撮影)

zinpuukaku9

 

▼仁風閣の庭(クライマックスシーンの撮影はここで行われていたようです)

zinpuukaku12

 

まとめ

今回は「るろうに剣心」のロケ地にもなっている仁風閣に行ってみました。
実際に行ってみると、映画で見たことがあるような風景なんかもあって、ミーハー心をくすぐられました。

鳥取駅からも近いので、機会があれば行ってみるのもオススメですよー。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
良かったらシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-鳥取