ライフ

「30日間チャレンジ」が面白そうなのでやってみます!

30days_challenge

こんにちは。鳥取もん(@tottorimon)です。

みなさん「30日間チャレンジ」というものをご存知でしょうか?

これはGoogleのスパム対策チームのリーダである、マット・カッツさんがTEDでの講演で話したもので、「何か新しいことを30日間やってみる」「辞めたいことを30日間辞めてみる」というものです。

このチャレンジがとても面白そうだったのでやってみようと思います。

スポンサーリンク

 

マット・カッツ氏の「30日間チャレンジ」

僕が30日間チャレンジを知ったのは、TEDという様々なジャンルの方が講演をするイベントでの動画でした。

その動画がこちらです。(約3分くらいです)

 

この動画を初めて見たとき、最後のこの言葉がとても印象に残りました。

What are you waiting for? I guarantee you the next 30 days are going to pass whether you like it or not, so why not think about something you have always wanted to try and give it a shot! For the next 30 days.

私が皆さんにお聞きしたいのは 「何を待っているの?」ということです 好むと好まざると 次の30日間は 過ぎていくのです そうであれば ずっとやりたかったことを 試しにやってみましょうよ 次の30日間で

参考:マット・カッツの30日間チャレンジ

 

普段生活をしていると、何となく日々が過ぎてしまうことも多いです。

そうやって1年、また1年と時間が経ってしまうのは何だか勿体ないので、これを機にやりたかった事試しにをやってみようと思いました。

あと単純に「なんか面白そう!やってみたい!」と思いました(笑)

ちなみにマット・カッツ氏は、Googleのスパム対策チームのリーダであるとともに、SEOの対策にも関わっている方だそうです。

 

実は似たようなことを昔やっていた

「30日間限定で何かをやってみる」というのは、昔やっていたことがありました。

例えば、中学生の時に「30日間は正しい箸の持ち方をする」というのをやって、箸の持ち方を直すことに成功しました。
あとは、「30日間は特定のアーティストの音楽だけを聞く」「テスト勉強を30日間だけ頑張る」「左利きになるために30日頑張る」などもやりました。

うまくいったものもあれば、失敗したものもあります。
ただ、これをやった30日間は今でも覚えていますし、役に立っていることも多くあります。

経験上、僕は色々なことに興味を持つんですが、ほとんど長続きしないので、30日という期間は僕にとってちょうど良い長さだったようです。

 

ということで「30日間チャレンジ」をやります!

別に黙って黙々とやっても良いかなと思ったんですが、せっかくだし記録に残したいという気持ちもあるので、このブログで報告しながらやっていきます。

あと「身に付けたい習慣や辞めたい習慣を30日間やる」のではなく、「興味があることを30日間やる」「30日間で○○ができるか挑戦する」というものをやっていこうと思っています。

別に失敗しても失敗するということが経験として分かったのでOKだし、何もしない30日よりは絶対に良いと思うんだよなぁ。
(という予防線を張っておきます(笑))

1つ目にやることは決まっているので、今後ブログで報告しようと思います。

関連記事:「人生でやりたいことリスト」を作ってみた!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
良かったらシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ライフ