ブログ

IFTTTでWordPressの投稿通知をTwitterへ自動ツイートする2つの方法

2016/09/20

ifttt_wordpress_twitter17

こんにちは。鳥取もん(@tottorimon)です。

ブログを書かれているの中には、書いた記事をTwitterなどのSNSでシェアされている方も多いと思います。
僕も記事を投稿した後、ブログを更新したことをTwitterへツイートしているのですが、この作業を自動化したいと思い「IFTTT」というサービスを使って実現することにしました。

このブログはWordpressで作成していますが、Wordpress以外のブログでもTwitterへ自動ツイートできる方法を紹介します。

スポンサーリンク

 

IFTTTを使ってTwitterへ自動投稿をする

IFTTTというサービスをご存知でしょうか?

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。

参考:IFTTT

このサービスは簡単に言うと、サービス(アプリ)とサービス(アプリ)をつなげることができるものです。
片方のサービス(アプリ)が指定した条件を満たすと、もう片方のサービス(アプリ)が指定した動作を行います。

今回はこれを使って、Twitterへの自動ツイートを実現します。

方法は大きく分けて下記の2つがあります。

1.IFTTTを使い、FeedとTwitterを連携させて自動ツイートする
2.IFTTTを使い、WordpressとTwitterを連携させて自動ツイートする

どちらの方法でもTwitterで自動ツイートは可能ですが、簡単に実現できるのは1の方法です。
2の方法でも実現可能ですが、Wordpress以外のブログでは実現できないのと、色々問題があったので僕は1を採用しました(詳しい理由については後述)。

 

IFTTTのアカウントを作成する

どちらの方法でもIFTTTを使うので、まずはIFTTTのアカウントを作成します。
もちろん無料です。

既にIFTTTのアカウントを持っている人はこの部分を飛ばしてもOKです。

1.IFTTTのサイトへアクセス

IFTTTのサイトへアクセスします。

https://ifttt.com/

 

2.「Sign Up」をクリック

画面右上の「Sign Up」をクリックします。

ifttt_wordpress_twitter1

 

3.メールアドレスとパスワードを入力し、「Create account」をクリック

「Your Email」に「メールアドレス」を入力し、「Choose a Password」に「パスワード」を入力。
入力が完了したら、「Create account」をクリックしてアカウントを作成する。

ifttt_wordpress_twitter2

これでIFTTTのアカウントの作成は完了です。
次に自動ツイートを行うための設定をしていきます。

 

Feedを使ってTwitterへ自動投稿する

まずは1つ目の方法から紹介します。

この方法は、Feedを使ってブログの更新情報を確認し、更新情報があればそれをTwitterでツイートするというものです。
ここでいう更新情報は、「ブログの記事を投稿した」という情報になります。

1.IFTTTにログインし、「My Recipes」をクリック

新しくアカウントを作成した人は、そのままログイン後の画面に遷移します。
既にアカウントを持っている人は、IFTTTのトップページから「Sign In」をクリックしてログインするとこの画面になります。

その画面で「My Recipes」をクリック。

ちなみに「Recipe(レシピ)」はIFTTTのサービス内の用語で、「○○したら、○○する」という一連のルールのことです。
今回の例だと、「Feedの更新情報を受け取ったら、Twitterでツイートする」というレシピになります。

ifttt_wordpress_twitter3

 

2.「Create a Recipe」をクリック

ifttt_wordpress_twitter4

 

3.「this」をクリック

ifttt_wordpress_twitter5

 

4.入力欄に「Feed」と入力

ifttt_wordpress_twitter6

 

5.「Feed」をクリック

ifttt_wordpress_twitter7

 

6.「New feed item」をクリック

ifttt_wordpress_twitter8

 

7.「Feed URL」を入力し、「Create Trigger」をクリック

「Feed URL」は「http://XXXXXXXX/feed」になります。

例えば、このブログのURLは「http://tottorimon.com/」なので、「http://tottorimon.com/feed」がFeed URLになります。
自分のブログのトップページのURLにfeedを付ける感じです。

各ブログで違うので、自分のブログのものを入力してください。

ifttt_wordpress_twitter9

 

8.「that」をクリック

ifttt_wordpress_twitter10

 

9.入力欄に「Twitter」と入力

ifttt_wordpress_twitter11

 

10.「Twitter」をクリック

ifttt_wordpress_twitter12

 

11.「Post a tweet」をクリック

ifttt_wordpress_twitter13

 

12.「Tweet text」にツイートしたい内容を入力し、「Create Action」をクリック

「Tweet text」で設定した内容がツイートされます。

また「Entry Title」や「Entry Url」は投稿した記事に合わせて変わります。
例えば、鳥取というタイトルの記事を投稿すると「Entry Title」の部分には鳥取と入ります。

他の「Entry Title」のような要素は、「Tweet text」の右上にある三角フラスコのマークをクリックすると選ぶことが可能です。

今回は、ブログ更新しましたという文章と、記事タイトル、記事のURLという最低限の内容をツイートすることにしています。

ifttt_wordpress_twitter14

 

13.「Recipe Title」にレシピの名前を入力し、「Create Recipe」をクリック

「Recipe Title」は自分が分かるように入力しておけばOKです。
ちなみに僕は「Feedの更新情報を受け取ったら、Twitterでツイートする」と入力しています。

ifttt_wordpress_twitter15

これで完了です。
ブログの記事が投稿された時に、Twitterに自動でツイートされるようになりました。

 

動作確認してみる

今回作成したレシピが上手く動作するか確認してみます。

タイトル:IFTTTの動作確認テスト
本文:テスト投稿です。
URL:http://tottorimon.com/ifttt_test

うまく動作していますね。

ifttt_wordpress_twitter16

 

WordPressを使ってTwitterで自動ツイートする方法について

IFTTTを使えばWordpressをトリガーとしてTwitterで自動ツイートをすることが可能です。

だた、今回は下記の理由でこの方法を見送りました。

1.IFTTTからWordpressの認証時に、サーバのセキュリティに関する部分の設定を変える必要がある
2.動作が安定しない

Feedを使えばこの方法でなくてもTwitterでの自動ツイートが実現できるので、無理にこの方法でやらなくても良いのかなと思います。
ちなみに1についてはエックスサーバーを利用している方が対象のようです。

 

まとめ

今回はIFTTTを使って、記事を投稿したらTwitterへ自動でツイートする方法について紹介しました。
毎回手動でツイートしている方は試してみてはどうでしょうか?

関連記事:WordPressでブログ運営をするメリットとデメリット
IFTTT関連記事:IFTTTでEvernoteやDropboxにブログ記事を自動保存する方法

最後まで読んでいただきありがとうございました。
良かったらシェアしていただけると嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ブログ